土木事業

補強土工

補強土工

この工法は、地山に鋼材やジオテキスタイル等の補強材を敷設または挿入して土構造物全体を安定させる工法の総称です。
技研興業では、環境や地山の特性に配慮した工法を準備しております。

  • ノンフレーム工法
    ノンフレーム工法
    型三角形反力板とワイヤーロープにより頭部連結した鉄筋挿入補強土工
  • フィットフレーム工法(M型)
    フィットフレーム工法(M型)
    ロックボルト工の受圧板として従来工法の施工性・品質・力学的特性の向上を目的として開発した工法
  • 繊維補強土工
    繊維補強土工
    砂と繊維を混合することにより擬似的な粘着力と変形抵抗性を持たせた工法

ノンフレーム工法(鉄筋補強土工)

大型三角形反力板とワイヤーロープにより頭部連結した鉄筋挿入補強土工で、既存木を残しながら斜面補強を行い崩壊を防止する工法です。

  • 構造概要図
    構造概要図
  • 標準配置図
    標準配置図

特徴

  • 自然斜面の緑や森林土壌を除去しないため生態系を乱さず、CO2 削減にも貢献し、環境にやさしい工法です。
  • 補強材(ロックボルト)による地山補強効果、支圧板による土塊の押さえ込み効果、頭部連結材(ワイヤロープ)による引留め効果などにより、複合的に斜面の安定性を向上させます。
  • 樹木の伐採や切土の作業がなく、残土処理なども伴わないので、コスト削減が可能です。
  • 使用材料や施工機械が軽量で、樹木の多い急斜面での施工性に優れています。
  • 補強材と支圧板は溶融亜鉛めっき、ワイヤロープはアルミ亜鉛合金めっきで、十分な耐久性を持っています。また、施工品質を確保するための工程全般にわたる標準施工要領が確立しています。

施工実績

  • 施工実績
  • 施工実績

フィットフレーム工法(M型) (鉄筋補強土工)

フィットフレーム工法Mタイプは、鉄筋挿入工(ロックボルト工)の受圧板として従来工法の施工性・品質・力学的特性の向上を目的として開発した工法であり、鋼製有孔型枠に鉄筋を組みプレハブ化した型枠を用いる現場打コンクリート枠工です。アンカーの受圧構造物用のNタイプもあります。

  • フィットフレーム
    フィットフレーム
  • 参考断面図
    参考断面図

特徴

  • 特徴

適用箇所

  • 鉄筋挿入工(ロックボルト工)を使用する斜面
  • 工期の短縮を必要とする斜面
  • 逆巻工法を必要とする斜面
  • 緊急に安定を必要とする斜面

施工実績

  • 施工実績
  • 施工実績

繊維補強土工

施工断面例
施工断面例

砂と繊維を混合すること(セメントも入れる場合がある)により擬似的な粘着力と変形抵抗性を持たせた工法で、砂基盤で有ることから緑化が容易に形成できます。ロービングウォール工法(長繊維補強土)とジオファイバー工法(連続繊維補強土)があります。

特徴

  • 砂・セメントと水の混合物にエアにより強制的に混入させた長繊維混入補強土は、擬似粘着力とせん断強度の増加により、耐侵食性に優れた法面保護用補強土工として有効です。
  • 急勾配法面に対しても適用することが可能である。
  • 様々な形状の斜面に対応でき、既存の樹木など景観上保全する必要がある地形を改変することなく、保護することが可能である。
  • セメントを混入することにより、表面緑化工の未施工箇所においても十分な耐侵食性を有します。

土木事業についてのお問い合わせ

技術営業部

ページトップへ